1)大気・降水化学グループ

『空気と降水の環境診断』

 降水は陸水の源です.大気汚染は降水汚染を引き起こし,陸水を汚染します. 無機・有機汚染物質の大気圏動態(発生源・輸送・反応・沈着),大気環境に及ぼす影響,陸水の源となる降水に含まれる汚染物質濃度の支配要因を解明し,大気環境保全に貢献します.

 

 

【2016年度研究テーマ】

(1)都市型豪雨の実態解明と降水化学特性(M2・内山)

(2)大気中陰イオン界面活性物質の動態と環境・健康リスクの解明(M2・廣川)

(3)Chemical speciation of trace metals in Urban Particulate Matter and its Health Risk Assessment(国際コースM1・楊)

(4) Sources, Fate, and Behavior of Atmospheric Nonionic Surfactants(国際コースM1・スネハ)

(5)大気中フミン様物質の動態と機能に関する研究    (B4・三宅

(6)多環芳香族炭化水素の大気圏動態と健康リスク評価(B4・能智)

2)森林・陸水化学グループ

『森林と陸水の環境診断』 

森林は水源涵養,崩落防止,大気浄化能など人類生存にとって重要な役割を果たしていますが, 大気汚染物質による森林衰退が問題になっています.私達は山岳大気汚染の実態解明と森林生態系の 化学健康診断を行い,森林を大気汚染物質から守る研究を行っています.

(写真:渓流水質調査)

 

 

 

【研究テーマ一覧】

(1)森林生態系による大気浄化能に関する研究

(2)東京都郊外森林域および富士山麓における大気中PAHs の動態と森林樹冠による捕捉効果

(3)山岳大気環境の保全に関する研究

(4)山岳大気中ガスおよびエアロゾル観測システムの開発と評価

(5)山岳域における酸性沈着物の動態と森林樹冠への影響評価

(6)山間部森林生態系における土壌酸性化と窒素飽和現象に関する研究

(7)都市近郊山間部における渓流水の化学組成と窒素飽和現象

(8)丹沢大山における森林表層土壌に及ぼす酸性沈着物の影響

(9)都市近郊山間部における渓流水中コロイド粒子のキャラクタリゼーション

(10)都市近郊森林生態系の酸緩衝作用と酸性沈着物の影響評価

3)環境計測・環境浄化グループ

自然エネルギーを利用した環境計測技術,化学物質の使用量を削減した環境分析技術, 自然環境に学んだ新しい環境浄化技術など環境に調和した技術を開発して環境汚染物質の削減に 貢献します.

 

 

 

 

 【研究テーマ一覧】

(1)有害有機化合物の降水促進吸収機構と光分解化学特性の解明

(2)フォトフェントン反応による大気・水中有害有機汚染物質の分解機構