Welcome to Laboratory of Atmospheric & Aquatic Environmental Chemistry !

空気・水・森林の化学情報を解読し,人と自然との共生の道を探る

2分で分かる大河内研

 環境問題の多くは顕在化してから原因を特定し,その原因を取り除くという後追い対策になりがちです.目に見えない環境リスクをあらかじめ予測することができれば,甚大な環境汚染・環境破壊に到る前に未然に防ぐことができます.

 当研究室では,環境問題の早期発見,早期解決に貢献できるような研究課題に取り組んでいます.最近の主なトピックスは,富士山を用いた越境大気汚染・地球規模汚染観測ゲリラ豪雨の生成機構放射性物質の里山における動態と環境調和型除染技術の開発カンボジアの大気汚染とアンコール遺跡への影響評価火山ガス早期検知システムの開発船舶・航空機排ガスの大気環境影響評価,森林浴効果と森林の大気浄化能の解明気中マイクロプラスチックの動態・起源・健康リスクの解明です.

環境に放出された無機・有機の様々な汚染物質の存在量を明らかにし,汚染物質がどのような経路で環境を移動し,その過程で環境やヒトに対してどのような影響を与えるのかを研究します.

  

"医者が人を診断・治療するように,地球を診断して早期治療したい"と考えています.当研究室で地域および地球環境の計測・診断・保全・修復を行う“アースドクタ”になりませんか? 

カンボジア・アンコール遺跡へ行こう!

 

当研究室では,アンコール遺跡修復保全チームメンバーとして,アンコール遺跡の玄関口の街シェムリアップやアンコール遺跡周辺の大気汚染観測を行っています.カンボジア・アンコール遺跡周辺のPM2.5情報を公開中.

最近のニュース


20201107

   当研究室で行っている研究紹介ポスターはこちらからダウンロードできます。

20201106

 11月7日(土),11月8日(日)にオンライン形式で開催される“早稲田大学理工展”に当研究室も参加します。理工展の詳細についてはこちらから.

20201031

令和2年度 第1回ヨコハマライブラリースクール 富士山頂で空飛ぶマイクロプラスチックをつかまえる:地球表層を循環するプラスチック問題を考える」で講演

20201015

Gyoppy!「プラスチックは大気も汚染して、呼吸によって吸い込まれる。大学教授に聞くリスク」に掲載されました。

20201015

藤川真智子さん(学部4年生)が未来のリーダー達による国際海洋プラスチックごみに対する日ASEAN協力宣言を起草する学生に選出されました!

20201013

「活躍する卒業生」として,日本郵船・藤田雅俊さん(6期生)JAXA・宮谷新さん(7期生,旧姓:小川)をアップしました.

20201007

BIOCITY 84号 「特集・富士山から持続可能な未来へ」に,「富士山と越境大気汚染」が掲載されました。

20201006

ecotopiaに森林浴の効果と森の大気浄化能力!大河内博教授に聞く環境問題③」が掲載されました.

20201006

共同研究を行っている石川県立大・勝見准教授(2016年9月〜2017年3月:当研究室助教)による土壌肥料マイクロプラスチックに関する論文がMarine Pollution Bulletin掲載されました.

20201003

Membersを更新しました.

20200925

ecotopiaに富士山で観測する越境大気汚染!大河内博教授に聞く環境問題②」が掲載されました.

20200921

ecotopiaにプラスチックは大気も汚染する!大河内博教授に聞く環境問題①が掲載されました.

20200825

創造理工学部HP・学生インタビューに記事が掲載されました.

20200819-25

富士山麓,御殿場市内,早稲田屋上での集中サンプリングを実施しました.

20200801 

   TBS報道特集「〜大気中にもプラスチック汚染の影響が〜」に出演しました.

20200727

地球を巡るプラスチック  ーアースドクターの診断ー」が Waseda Onlineに掲載されました.

20200716

   JpGU-AGU Joint meetingで「Resent Research Trend in Airborne Microplastics」というタイトルで招待講演を行いました.

2020626

旧富士山頂測候所を守るためのクラウドファンディングを始めました。ご理解とご協力をお願いします!

20200626

BS日テレ「深層News」において「プラスチックの雨が降る」で当研究室の研究成果が紹介されました.

20200518

当学科3年生必修科目「環境資源工学実験」の当研究室実験「窒素酸化物の測定」で,新型コロナウイルス感染に伴うロックダウンによる大気環境の変化を少し解説しています.

20200427

Vogue Japan 6月号「Your Pollution Protection  環境変化に打ち勝つ美肌」で取材を受けました

20200331

太郎坊のそよ風「大気中にマイクロプラスチック?! なんと富士山頂の大気でも検出!!」

20200330

2020年度Members更新しました.

20200325

環境新聞社に「富士山頂の大気からマイクロプラ」が掲載されました

20200319

ブログを更新しました.

20200304

毎日新聞社から大気中マイクロプラスチックに関する取材を受けました.

20200302

FM横浜 E-ne! 〜good for you〜 に出演しました(第二回) 音声

20200224

FM横浜 E-ne! 〜good for you〜 に出演しました.第一回は「大気中マイクロプラスチック」 音声

20200219

3月10日 早稲田大学オープンイノベーションフォーラムに出展 https://waseda-oif.jp/ 新型コロナウィルスに伴う中止
タイトル:FTIR ATRイメージングによる大気中マイクロプラスチックの高分解能分析
内容:都市大気中マイクロプラスチック(AMPs)の空気動力学径分布を明らかにしました.また,実粒径で10 µm以下のAMPsの同定を可能としました.その結果,AMPsの大気中個数濃度はこれまで報告されている値よりも高く,空気1 m3あたり約5個であることを示しました.
20200219

3月14日 NPO富士山測候所を活用する会 第13回成果報告会 https://npofuji3776.jimdofree.com/

タイトル:空飛ぶマイクロプラスチックを富士山頂で捕まえる
内容:自由対流圏大気中に,PM2.5成分としてマイクロカプセルや生分解性プラスチックなどが浮遊していることを明らかにしました.また,実粒径で最小1.4 µmのAMPs同定を行いました.自由対流圏大気にマイクロプラスチックが浮遊しているということは,大気を通じてマイクロプラスチックが世界中に広がっている可能性を示すものです.
20200219
FMヨコハマ「YES! for you」内「Zero Carbon Yokohamahttps://www.fmyokohama.jp/ene/yes-for-you/
  富士山、大気中マイクロプラスチック、ゲリラ豪雨、山間部豪雨の話をします。放送日は以下の通りです.
放送日:2月24日、3月2日 14:31頃
放送後1週間、Radikoのタイムフリーでも聴取できます。

20191224

Galleryを更新しました.

20191114

富士山頂で空飛ぶマイクロプラスチックを捕まえる!

20191114

中国環境科学院のDr. Miaomiao Chengをお招きして以下の講演会を開催しました.

演題:「Current situation of air pollution in China, and its' science and technology support」

20191102-03

 理工展で企画「雲をつくろう」を今年も実施しました.

20191102

 博友会(大河内研同窓会)を開催しました.

20191002

 アンコール遺跡周辺のPM2.5の情報を提供.

20191002

環境新聞に大気環境学会での大河内先生の発表(大気中マイクロプラスチックを研究しませんか?)が掲載

20190918-20

第60回大気環境学会に参加しました(大河内先生,M2:5名,M1:6名)

光川彩夏(修士課程2年生):「大気中フミン様物質の動態・起源・環境リスクに関する研究(2)」

大力充雄(修士課程1年生):「富士山体を利用した自由対流圏および大気境界層における雲水化学特性(6)」

で優秀ポスター賞を受賞しました.

その他含む発表テーマはこちらから.

20190827

 ブログ更新しました.

20190815-26

カンボジア・シェムリアップで集中サンプリングを実施.

20190809-11

軽井沢セミナーハウスで合同ゼミ合宿(日本女子大・宮崎研,山梨大・小林研)を行いました.

20190803-04

オープンキャンパスで環境資源工学科ブースで富士山セッション豪雨セッション森林セッションマイクロプラスチックセッション分けて研究室の紹介を行います.

20190725

 リクルート社スタディサプリ「学問探検BOOK」に紹介されました!

20190725

 富士山麓御殿場口太郎坊でドローン大気観測を実施. 

20190722-27

 富士山頂,富士山麓,早稲田屋上での集中サンプリングを実施. 

20190714-19

台湾で開催された8th International Conference on Fog, Fog Collection and Dewに参加しました(大河内先生,修士課程1年生:2名).発表テーマはこちらから.

20190709

トランステック株式会社のweb siteに当研究室の活動が.取り上げられました. 

20190612-14

梶川友貴(修士課程1年生)第28回環境化学討論会, 「熱帯性豪雨の形成と化学成分に対する粒子状物質の影響」

大力充雄(修士課程1年生)第28回環境化学討論会, 「富士山体を利用した自由対流圏および大気境界層の雲水化学特性の解明」

で国際ポスター賞(英国王立化学会賞)を受賞しました. 

20190612-14

埼玉で開催された第28回環境化学討論会 に参加しました(修士課程1年生:4名,学部4年生:3名,国際コース修士課程1年生:2名).発表テーマはこちらから.

20190527-30

香港で開催された11th Asia Aerosol Conference (AAC2019) に参加しました(大河内先生,島田先生,修士課程1年生:3名,国際コース修士課程1年生:1名).発表テーマはこちらから.

20190520

創造理工学部HP・学生インタビューに記事が掲載されました.

20190329

東京理科大学で開催された大気科学研究部門第3回成果報告会に参加しました.

20190325

Blogを更新しました.

20190304

2019年度研究室始め,Membersを更新しました.

 

過去のニュースはこちらから